no-image

【知らなかった!】タイのパナソニックが主催するKid Witness Newsとは?

タイではSHARPと並んで【日本の家電】として愛されているパナソニックですが、タイの学生を対象にしたPanasonic Kid Witness News 2018を毎年行っています。

 

このプロジェクトは環境やコミュニケーション、スポーツに焦点を当てたビデオクリップを制作して、その技術やアイデアを競う大会です。

優勝者には5万バーツが授与され、日本で行われる大会にタイ代表として参加することになります。

 タイの学生の制作技術は大幅に向上しており、2017年には東京で行われたパナソニック主催の国際コンクールでは最優秀賞に選ばれています。

今年、2018年はサラブリの小学校の作品【Inside Me】が選ばれました。この作品は、テストの結果で左右される現在の世界を生きる子供が、聴覚障害を持ちながらもアートを使ってコミュニケーションを図る子供との物語です。タイは日本と同じくらい学歴社会なので、それを表現していると思います。

日系の企業が現地の教育に参加していくことは素晴らしいことだと思います。そういった日本企業の社会貢献が、外国に住む日本人にとっては誇らしく感じる瞬間でもあります。