no-image

タクシー料金値上要求!空港でタクシードライバーのストライキ?

少し前のニュースなのですが、タイの玄関口であり、タイ航空の本拠地であるスワンナプーム国際空港と、LCCが多く利用するドンムアン空港ですが、空港から乗客を乗せるタクシードライバー達が、タクシー料金の値上げや、メーターを使わない権利を主張して、9月14日に1000台以上のタクシーでストライキを起こすと政府に発表していました。

個人的にはタイのタクシーは他の国と比べて安すぎるので仕方がないように思います。(参照→タイのタクシー運賃増加

 

何を要求しているのか?

今現在、空港からのタクシー利用者はタクシー代に加えて50バーツ支払うようになっていますが、それを100バーツに増額しろというものでした。

その要求の理由は、最近導入されるVIPタクシーの存在です。VIPタクシーは電気自動車で、通常のタクシーより乗車料は高額です。そして空港使用料も通常のタクシーの50バーツの二倍の100バーツを徴収します。空港使用料が違うのは不公平だということでタクシードライバーの不満がたまっています。

電気タクシーも従来のタクシーも同じタクシーでしょ?それも電気タクシーは中国製だよ?

タクシー協会の代表者は「電気自動車タクシーも、通常のタクシーも同じタクシーで変わりがないし、電気自動車タクシーが問題なくタクシー業務をできるかわからない。」と話しています。

続けて、「タイ運輸局がVIPタクシー(電気自動車)を導入しなければこんな問題は起こらなかった。そして電気自動車は全て中国製だ。導入してもすぐ故障し、何年もつかもわからない。あなたはトヨタと中国製の車どちらを選びますか?」と語りました。

 

政府はタクシー運賃については検討すると回答

このタクシー協会からの要求を受け、The Land Transport Department(土地運輸局)の代表は、タクシーとバスの料金の調整を検討すると発表しています。

タクシー協会によると、最後のタクシー料金の値上げは2014年で、それからタイ国のインフレを進んでいるのにタクシー料金の値上げは行われずに、タクシードライバーの収入は生活コストを下回っているといいます。

政府よりタクシー料金を調整すると回答をうけ、14日のストライキは回避されましたが、当日数名のタクシードライバーは業務にこなかったそうです。

電気で走ろうが、ガスで走ろうが同じタクシーであるのに料金の差があることが許せないと未だに納得できないタクシー運転手がたくさんいるそうです。

どさくさに紛れてペナルティ軽減も要求

付け加えて、タクシー協会から違反した際のペナルティの軽減も要求しています。現在、メーターを使わなかったタクシーについてはブラックリストに登録し、一生涯、空港に入れないようになっています。それを「一時的」にしてくれとの要求です。

その他、空港で乗客を待つ場合、長いときで4時間も待つことがあるが、空港使用料の50バーツではとても割にあわないとも主張しています。

タクシー料金の増額には賛成できるが。。。

ここからは個人的な感想です。

タイのタクシー代は安すぎるので増額しても良いと思いますが、それに伴ってドライバーのモラルや礼儀を向上してもらいたいですね。タイのタクシーはサービスの提供はただ乗客を運ぶだけと思っているのではないでしょうか。

・乗車拒否をしない。

・必ずメーターを使う。(使わなければ解雇)

・車内を清潔に保つ。

最低これぐらいを約束すれば、多少タクシー料金を値上げしてもいいと思います。実際、配車アプリ(Uber)等の料金の方が1.5倍くらいタクシーより高めに設定されていますが、利用者は拡大しています。

乗車料金が1.5倍高くても、確実に乗車できて、金額が明確になっている配車アプリを使う方がいいですもんね。私もタクシーより配車アプリ派です。