no-image

ハンガリーのレジデンスパーミット(留学生)の取得方法!完全版!

当ブログはタイのニュースを書いているのですが、私が現在ハンガリーに留学中のため、せっかくですのでハンガリーの情報も書いていきたいと思います。

私が留学しているのはブダペスト市内の大学です。日本人がハンガリーの大学に行くとなれば基本的にはブダペスト市内の大学になると思います。大学留学以外でも日本からブダペストにはバレエ留学や音楽留学、語学留学(ハンガリー語や英語)で来られる日本人も増えてきているようです。

 

ハンガリーはEU加盟国の中でトップクラスに物価が安く、首都ブダペストの街並みは「ドナウの真珠」と言われるほど美しい街並みです。旅行するには最高の国なのですが、外国人が住むとなると、いろいろやることがあります。今回は第一関門であるハンガリーでレジデンスパーミットを取得する方法をシェアしたいと思います。

注:レジデンスパーミット取得についてはすぐ変更になるので、この情報は今現在2018年9月のものになります。

まずレジデンスパーミットとは何か?というところですが、「レジデンスパーミット」とは「滞在許可書」であり、VISAのようなものです。

日本人の場合は、レジデンスパーミットの取り方は二通りあります。

日本や他国のハンガリー大使館でD-type visaを先に取得してからハンガリーに入国し「レジデンスパーミット」に切り替える方法と、ハンガリーにビザなしで入国し、「レジデンスパーミット」を申請する方法です。

どちらにしてもハンガリーの移民局(レジデンスパーミットを発行する機関)にレジデンスパーミットの申請に行かなくてはなりません。私の場合は、諸事情により後者の「ビザなしで入国してレジデンスパーミットを申請」しました。

どちらが良いかというと、手間はかかりますが前者のD-typeビザを取得して来る方が安心です。なぜかと言うと、D-typeビザを持って移民局に行けば、その場で「レジデンスパーミット」を発行してもらえるからです。そして費用がかかりません。D-typeビザを取らずに行くと「レジデンスパーミット」発行までに1ヶ月かかります。そして費用が18000フォリント。

しかし、D-typeビザは1ヶ月しか滞在資格がないので、ハンガリーについて1ヶ月以内に移民局に申請する必要があります。D-typeビザ無しの入国の場合は、90日の滞在が出来ます。ただし、「レジデンスパーミット」発行までに申請から1ヶ月かかるため、少なくとも入国して60日以内に申請する必要があるようです。

(ビザ無しでも入国から30日以内に申請に行かなければならないと聞いたことがありますが、私の場合は入国から30日を超えていましたが何も言われることはありませんでした。)

 

D-type visaを日本で取得していく方法

では、具体的な申請方法を説明していきます。まずは「日本等のハンガリー大使館でD-type visaを取得して、ハンガリーでレジデンスパーミットに切り替える方法」です。

申請方法は本人が直接東京のハンガリー大使館に行かなければなりません。予約制のため事前に電話(03-5730-7442)するか、メール(consulate.tio@mfa.gov.hu)する必要があります。申請日は毎週火曜日と木曜日です。

ハンガリー大使館でのD-type visa申請の必要書類

①申請用紙(ハンガリー大使館にメールで請求。予約時に請求するといいと思います。)

申請書の書き方はこちら→Residence Permit for the purpose of studies 

②パスポート(有効期間が滞在期間プラス6ヶ月)

③パスポートサイズの写真2枚

④留学先の入学許可書(Acceptance letter)

⑤滞在先を証明するもの(アパートの契約ができていれば契約書、できていない場合はホテルの予約証明。キャンセル無料のホテル予約サイトで2週間ほど予約を取ってプリントしてキャンセルすればいいと思います。)

⑥銀行の残高証明(親の口座を提出する場合は子供の金銭の保証をする英文レターが別途必要です)、奨学金の合格証明書(あれば)、授業料の払込証明書(交換留学などで無償留学の場合は必要ない)

⑦海外旅行保険加入証明書(滞在期間中をカバーする)

⑧返信用レターパックプラス(住所をあらかじめ記入)

 

ハンガリーに着いてから移民局でレジデンスパーミットに切り替え

ハンガリー大使館でD-type visaを取得してからハンガリーに入国が30日以内にハンガリー移民局に行ってレジデンスパーミットへ切り替えなければなりません。

切り替えに必要な書類

①申請書(Date sheet for the issuance of the residence permit) ←ダウンロード出来ます。 

②パスポート(写真の貼ってあるページとスタンプのページのコピーを求められましたので用意していくといいと思います。)

③パスポートサイズの写真1枚

④在学証明書(大学が発行してくれます)

⑤滞在先の証明書のコピー(賃貸借契約書など。契約書には二人の見届人のサインが必要です。もし記入がない場合は大学の先生などに頼んで記入してもらって下さい。不動産エージェントが仲介で入っている場合で、エージェントが賃貸借契約書にサインをしている場合は、エージェントとオーナーの委託契約の書類が別途必要です。)

⑥滞在先証明書(Accommodation Reporting Form 大学などで書類をもらって、記入後にアパートのオーナーやエージェントにサインをしてもらわなければなりません。そのアパートが共同経営者の場合はオーナー全員のサインが必要です。)

⑦Legal ownership document(不動産の登記簿謄本。不動産の所有者を特定する書類です。通常はオーナーが用意してくれる場合が多いですが、自分で取ってこいと言われる場合もあります。取得には6,250フォリント必要です。オーナーが用意してくれた場合でも請求されます。)

※このLegal ownership documentは本当に必要なのか不明です。私の大学での案内には必要と書いてあるし、他のブログでも必要と書いてありますが、申請中にこの書類は返されました。オフィシャルページにも記載がないので必要ないのかもしれません。

念のため、この書類を自分で取得する人はThe Land Registry office. 1111 Budapest, Budafoki út 59.で取得できます。(私は購入しました。)

 

中に入って階段を上ったところにオフィスがあります。支払はクレジットカードが使えます。

移民局の場所

移民局の場所は中心部から離れています。地下鉄M2かM4でKeleti palyaudvarまで行って、そこからバス(20E、30、30A)で“Szegedi ut”まで行き下車後すぐです。

営業時間は、

Monday 08:30-13:00
Tuesday 13:00-17:00
Wednesday 08:30-12:00
Thursday 08:30-13:00
Friday 08:30-12:00

めちゃくちゃ混みます。朝一番で行くことをおすすめします。

私は朝7時に着いたのですが、すでに先客が何人かいました。聞く話によると5時間、6時間待ちは当たり前のようです。朝一番に行けば10時には終わりますよ!

 

ビザ無しで入国してレジデンスパーミットを取得する場合

次は日本で申請せずにビザ無しで入国してレジデンスパーミットを取得する場合です。(私はこのケースです。タイの大学からの交換留学なのでタイのハンガリー大使館でビザを取ろうと思いましたが、3ヶ月先まで予約が埋まっており無理でした。タイ人はEU諸国にビザ無しで入国できないためタイのEU諸国の大使館は忙しいんだと思います。)

必要書類はD-type visaを取得している場合とあまり変わりません。違うのは、その場でレジデンスパーミットを発行してもらえないことと、費用が18000フォリントかかることです。(東京への旅費の方が高額になる方はこちらの方がいいかもしれません。)

必要書類(書類の詳細はD-type visaを切り替える場合の書類を見てください。)

①申請書類(書き方→Residence Permit for the purpose of studies)ダウンロードはここ

②パスポートサイズの写真1枚

③在学証明書(大学が発行してくれます)

④滞在先の証明書のコピー

⑤滞在先証明書(Accommodation Reporting Form)

⑥Legal ownership document ※不明(前述してます。)

⑦銀行の残高証明(親の口座を提出する場合は子供の金銭の保証をする英文レターが別途必要です)、奨学金の合格証明書(あれば)、授業料の払込証明書(交換留学などで無償留学の場合は必要ない)

⑧海外旅行保険加入証明書(滞在期間中をカバーする)

⑨Declaration to undertake voluntary leave(書類を記入するだけ) ダウンロードはここ

⑩Declaration on how you would like to receive your
residence permit(書類を記入するだけ) ダウンロードはここ

⑪申請料 18000フォリント 注:カード支払いのみ受付。現金での支払い不可。

※オフィシャルサイトには⑩は必要になっていますが、もしかしたら必要ないかもしれません。なぜなら、今現在、レジデンスパーミットの受取は郵送のみしか対応していないそうなので。私のアパートには郵便受けがないから、どうやって受け取るのか考え中です。管轄郵便局に直接行けばいいのかな?それかダメ元で移民局に行ってみようかな。

 

以上、実体験からのレポートでした。修正点があるところがあればお知らせください。