no-image

イミグレ職員の入国スタンプミスに遭遇。やばいオーバーステイに!?

タイのイミグレ職員(入国調査官)はスタンプのミスが多いっていうことは風の噂程度に知っていたんですが、最近実際に遭遇したためその状況と対応方法を同じ問題を抱えてしまった方のために残しておきたいと思います。

「イミグレ職員がスタンプ間違うわけないじゃん。国家公務員でしょ??」

と思っているあなた。まだタイランドを分かっていません。

アメージング・タイランド

普通に間違います。そして彼らは「タイ警察」という位置付けなので、間違っても謝らないでしょう。そして低姿勢で文句つけましょう。(逮捕が怖いので。)

では、入国スタンプ間違いの状況を書いていきます。

ビザの取得状況

今年2018年5月末に、マレーシアのペナン島のタイ領事館でシングルの観光ビザ取得しました。シングルの観光ビザの期間は60日です。

※ペナン島での観光ビザは最近まで簡単に取得できるため人気でしたが、現在は取得が厳しくなっています。実際行ってみて以前より提出書類が増えていたり1日あたりの取得者数に上限を設けています。もし需要があればご紹介します。お便りください。

ドンムアン空港で入国審査

ペナン島の空港からバンコクのドンムアン空港までの飛行機でタイへ入国。入国審査でも何も言われずに通過。

ここで重大な過ちを犯してしまいました。

入国審査後にビザのページのスタンプを確認しなかったのです。

そのままタイでの生活していたある日、「もうすぐ60日になるから、そろそろ30日延長しにイミグレに行かなきゃなーと思って、パスポートを確認したら、、、

観光ビザに“USED”というスタンプが押されていなかったのです。

完全に入国時の確認ミスです。

そして、イミグレ職員も私の観光ビザのページを確認せずに通常の30日有効の入国スタンプを押しています。

この時点で、とっくにパスポートの入国スタンプの期日は切れておりオーバーステイ状態。見つかれば1日500バーツの罰金が課せられます。二週間程オーバーしていたので7,000バーツ。。。絶対に払いたくありません。

日本大使館へ相談しようと思いましたが、もちろん日本大使館はタイのビザについての一切の権限がないため無駄だと判断し、チェンワタナーのイミグレへ。

チェンワタナーのイミグレへ

移動中は同じような状況の人がいないのかネットでリサーチしたら、質問掲示板的なサイトに数人がヒット!(日本人ではない)しかし、結局どうなったかは書き込んでいませんでした。

「チェックしなかったあなたが悪い。罰金払って。」と言われる映像が頭の中をグルグル回っています。

チェンワタナーのイミグレに着いたのは午後2時すぎ。カウンターで事情を説明して、取り敢えずキューカードをもらって待っていたら、すぐに番号が呼ばれて中へ(確かカウンターKだったと思います。間違ってたらごめんなさい。)

 

事情を説明(空港のイミグレ職員がミスしたんだと思うから直してもらえませんか?とチェックしなかった自分には否がないように説明)すると、

「オッケー。今から直すわね。この用紙を書いて、パスポートのコピーを書いて持ってきて。」と、あっさりとしたコメント。

コピーと記入した用紙を持っていくと、10分くらいして名前が呼ばれて、観光ビザ“USED”とスタンプされたビザが戻ってきました!

 

「心配して損した。」ぐらいあっさりとビザスタンプの訂正が終わりました。

後で調べてみると、30人に1人ぐらいの確率で間違ったスタンプを押されるそうですよ。ビザなしの30日間の入国であれば、出国期限は勝手にシステムのデータに登録されるので、スタンプが間違っても問題ないそうですが、私の場合は観光ビザを見落とされているので、もし修正しなければ出国時に面倒くさいことになっていたと思います。

チェンワタナーまで遠いし、順番待ちしなければいけないので面倒ですが、もしビザを見落とされていた場合は出国前に訂正してもらった方がいいと思います。

その前に、入国時にちゃんとチェックするようにした方が絶対いいです。