no-image

バンコクのバスを使いこなせ!便利バスアプリが登場!

バンコクにはたくさんのバスが走っています。日本のバスに比べて古いし、運転が荒いし、タイ語の案内しかないので、あまり利用している方は少ないと思います。

ですが、バンコクのバスを使いこなすことで移動範囲がグッと広がり、いろんな場所に行くことができるのです。

バンコクでは他の地方都市に比べて公共交通機関はたくさんありますが、鉄道はBTSスカイトレインとMRT(地下鉄)、国鉄しかなく、その沿線以外のところに行くにはとても大変です。しかもBTSもMRTも東京のように環状線ではないため、乗り換えがとても面倒くさいです。

例えば、オンヌットエリアに住んでいて、シーロムエリアに行くとなると、直線距離ではそんなに遠くないのにBTSスカイトレインを使うとサイアムまで一度行き、シーロムラインに乗り換えてシーロムまで行くことになり遠回りをすることになります。

公共バスを使えばラマ4ロードを進み短時間でシーロムエリアまで行くことができます。(渋滞がなければ)

でも、バス停に行き先表や時刻表がないので何番のバスがどこに行くのか分かりませんよね。そんな時にはこのアプリが便利です!

「Via Bus」

 

このアプリは、どこからどこまで行きたいのかを入力すればバスの番号を教えてくれます。

「なーんだそれだけか。グーグルマップでもできるじゃん」と思ったあなた、実はそれだけではありません。このアプリはバスに取り付けられているGPSにより何番のバスがどの場所を走行しているのかまで地図上で分かってしまうのです!

Via Busの使い方

試しに使い方を説明します。とっても簡単です。

スワンナプーム空港に到着してカオサンロードに向かうとします。(旅行者に人気のカオサンロードですが、近くにBTSやMRTのバスがないためタクシーで行くのが一般的です。)

まずは、エアポートリンクでBTSパヤタイ駅まで行き、そこからこのアプリを使います。

 

目的地を入力すると、バスの番号が表示されます。次にバスの番号を押すと、

 

このようにバスのルートが表示され、この路線に何台のバスがどこを走っているのかが分かるのです。この表示はリアルタイムで動いています。

タイのバスは時間帯によってバスの数が少なかったりするので、それによってタクシーで行くか決めるといいと思います。

このアプリはここからダウンロード可能です。

 

バスの料金

赤バス(公共バスが運営)が一律6.5バーツです。

 

青やピンクのバス(民間に委託)一律が9バーツです。

 

エアコンバスは行先によって値段が変わります。だいたい18バーツくらいが多い気がします。行き先を告げないといけないため、タイ語ができないと少し難易度があがります。