no-image

全タイが震えた!チェンライ洞くつ救助早くもハリウッド映画化!

チェンライの洞くつの救助は少年、コーチともに無事に救出されました。タイのニュースでも連日このニュースで持ちきりでしたね。

チェンライ洞くつ救出劇、ハリウッド映画化決定!

この救出劇をハリウッド映画化する計画が進んでおり、もうすでにハリウッド映画のスタッフらはタイに到着し、映画の制作が進められています。

 

映画のプロデューサーによれば、「世界中の何百万人がチェンライの洞くつにとじ込まれている少年たちの救助を見守る暖かみを伝えたい。この映画はとても良い映画になるでしょう。」と語っています。

映画スタッフらは、少年ら8人が救助された段階でチェンライに到着し、現地で関係者らへのインタビューを開始しており、映画製作会社Pure Flixの映画監督マイケル・スコットは「この映画はハリウッドでも人気になると思う。大物俳優の起用するつもりだ。」と語っており、世界的にヒットすることを確信しているとのことです。

スコット監督はこれから脚本家をタイに呼び、救助された少年達や外国人救助隊、少年らの家族にインタビューしていき、それを映画化する権利を得る考えです。

スコット監督は「未だ全員救出されていない時に映画の制作を始めるなんて非常識だと思いませんか?」との質問を受けた際には、「他の映画製作会社が来る前に行動しないといけないと思った。実際に”今”起こっていることをインタビューできたら素晴らしい映画になると思う」と話しています。

すでに最初に発見したイギリス人ダイバー2人のインタビューが終了しており、彼らの勇気が人々を感動させてくれると直感したそうです。

チェンライでは洞くつをミュージアムする計画

一方、チェンライではTham Luang洞くつをミュージアムにする計画が進んでいます。

チェンライではすでに救助に向かったダイバーのリストや、救助に使われた道具等を収集しておりミュージアムの建設に向けて着々と進んでいます。

 

具体的なTham Luang洞くつの開発については、洞くつが国立公園の中にあることあり、7月25日に the Natural Resources and Environment Ministry(天然資源省)が発表する予定とのことです。

現地チェンライでは新しい観光資源が増えたことにより、人々の生活が豊かになることを期待しているそうです。