no-image

どうなるメンムムカード?未だにBTSでは使えず。

メンムムカードとは、BTSスカイトレインとMRT(地下鉄)、ART(エアポートリンク)、路線バス、タクシーや高速料金の支払い等で使える電子マネーで日本のSUICAのようなものです。現在までも電子マネーは存在しましたが、BTSはラビットカード、MRTはMカードと統合されておらず、どちらも使う利用者には不便でした。このメンムムカードが導入で、どちらも利用できるようになり利便性が期待されています。当初は2016年6月導入予定が1年遅れ、2017年に。2017年にも間に合わず今年2018年6月に導入が決まりました。

 

現在20万枚のメンムムカードが配布され、23日土曜日よりサービスが開始されました。しかし、BTSスカイトレインでは未だに使用できずに、MRTとBTSの両者は交渉中とのことです。

昨年10月にBTSとMRTA(タイ高速度交通公社)間のチケットシステムの協力に関する契約が締結されましたが、異なるBTSとMRTAの2つのチケットシステムを接続できず、当初の導入予定よりも遅れていました。BTS側ではラビットカードという電子マネーを独自で開発し運用を始め、現在ではマクドナルドなどのファストフードやショッピングにも使えるサービスに拡大しています。

当初はMRTAはBTSにラビットカードをメメントカードにするように促していましたが、ラビットカードが一般化してきたため、両方のカードが混在するサービスになる可能性が高いそうです。

 

民営と国営の共同開発は難しい?

MRT(地下鉄)は、路線の建設及び保有は国営企業のMRTS(タイ高速度交通公社)が行って、運営は民間企業のバンコク・メトロ社が行っています。今回のメンムムカードはMRTAとBTSの協議が長引いたためだと思います。

MRTとBTSのチケット方式はトークン式(コイン式)とカード式とで根本的に違っていて当初バンコクに訪れた時は驚いたものです。

MRTは資産を国営が保有し、運営を民間企業が行う上下分離方式を採用していますが、BTSは完全な民間企業です。

少し気になりましたので、BTSについて調べてみました。BTSは1999年に開業し、2003年に黒字化しているようです。株主構成は41.1%をKeeree Kanjanapasグループが保有しており、Keeree Kanjanapas氏はBTSの会長職として勢力的に動いているようです。このKeeree Kanjanapas氏という方は中華系タイ人で香港などでSEIKOの輸入会社経営し、香港の有名サッカークラブ「精工」を設立したことで知られています。

バンコクでも不動産関係の会社を経営しており、BTSの関連会社の「BTS Rail Mass Transit Growth Infrastructure Fund」も運営しているとのことです。

2013年にはフォーブス誌が発表するタイの富裕層ランキング8位で総資産13億ドルのミリオネアです。

やっぱりBTSの会長は億万長者だったんですね。BTSのチケットMRTと比べても高いですからね。昔から謎だったんですよ。MRT(地下鉄)の方が絶対BTS(高架電車)より建設費が高くて、料金も高いはずなんですけど、BTSの料金の方がはるかに高いですもんね。

民間経営している公共交通機関がBTSしかないのであれば競合相手がいないので価格設定なんてやりたい放題ですよね。公共性の高い会社の株式を1法人及びグループで持ってしまったら公益性がなくなってしますと思います。

 

話がとんでしまいましたけど、メンムムカードの導入の遅れは、国営と民間での対応の違いや、新システムに投資できる額の違いなどにより交渉が決裂していったのだと思います。早く、両方で使える日がくればいいなと思います。