no-image

タイのタクシー運賃増加?

タイ開発研究機関(TDRI)によると、タクシー運賃は2年ごとに調整され、乗車時間に基づき追加料金が加算されるべきだと発表しました。

 

最近の大会初研究機関(TDRI)の調査によれば、現在の低価格のタイのタクシーは、これ以上の安全性、サービス、車両のメンテナンスの向上を図ることは難しくなっているとのことです。

 また、タクシー配車アプリの利用はもっと厳しく行わなければいけないと主張しています。

タクシー運転手の質の向上を行う必要があり、適切な顧客サービスの訓練や、顧客からの利用者アンケートなどでの評価方式を採用するべきだと報告しました。 

TDRIを率いている交通運輸の専門家のサメット氏によれば、現在は規定の乗車時間を超える場合、1分あたり50サタンが時間超過として運賃に加算されています。

今回のレポートには、以下の4つのルールが含まれています。

1.タクシー会社はDTLより公共輸送ライセンスを取得し、関連する税金を納めなければならない。

2.個人でタクシーを営んでいるものは政府機関に登録を行い、事故の際の乗客の損害を補償する保険に入らなければならない。

3.タクシー会社に所属するドライバーは、公共輸送運転免許書を取得しなければならない。

4.運賃について、乗客が不利益なならないように監督する責任を負う。

4番目は、現在のタクシー業界では料金の過大請求や、車両の状態の悪さ、ドライバーの品位の欠落などの苦情がたくさん寄せられているためです。

また、現在のタイのタクシー業界では、UberやGrabの利用がタクシー業界に脅威になっています。

コメント

タクシーの運賃値上げは、、、、まあしょうがないですよね。安すぎるので。

初乗り35バーツ(約100円)でしたっけ?(あんまり乗らないので分からないのですが。)

ガソリン代もあるのに、ドライバーはどうやって生活してるんだろうといつも思います。

タクシードライバーのサービスの向上は切に望みますね。

まず『乗車拒否』をなくそうよ。ほんと毎回毎回乗車拒否。1時間ぐらい大通りでタクシー待ちとかざらにありますからね。

それが嫌でタクシーには乗らなくなりました。

みんな同じ経験があるからこそ、UberやGrabの配車アプリが流行ってるんでしょうね。

配車アプリは少し割高な気もするけど乗車拒否ないし、行き先告げなくてもいいし、楽ですよね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村